>Mirai Translate

Translation A.I. is the leading-edge machine translation.

A desire to eliminate language barriers through machine translation.
A desire to improve translation technology for business to a level without any uncomfortable feeling.
Solving these desires requires an improvement in translation engine performance, technological capability and development capability when building an automated translation solution.
Mirai Translate has made such a solution feasible by incorporating the industry’s top-level technologies and resources.
Mirai Translate can be developed in accordance with the circumstances surrounding your company, just like A. I.
Mirai Translate is an unprecedented comprehensive machine translation solution.
We foster innovation for your business.

Mirai Translate’s technologies and resources

  • Natural language processing technology
  • Application development capability
  • Technologies and experiences in translation solutions
  • Abundant corpus resources

Three types of engine which Mirai Translate utilizes

In order to achieve an automated translation solution, we have prepared three types of translation engine.
We will assess the characteristics of the respective engines and customize them to fit each customer’s needs, industry and purpose of use.

Three types of engine which Mirai Translate utilizes Three types of engine which Mirai Translate utilizes

What is rule-based machine translation?

  • MethodTranslation rules are established manually with reference to grammar and dictionaries.
  • Advantage

    Mirai Translate is capable of handling sentences in all fields because of its method of translation which combines words and grammar. (High versatility)

    Provides translation between languages which have a different word-order without breaking the structure of the sentence, regardless of the contents.

  • Key points to improve accuracyImprovement in translation accuracy requires language specialists and engineers to establish rules and create dictionaries. (Human resource expense)

Rule BasedMachine Translation

What is statistical machine translation?

  • MethodTranslating a language by learning statistical translation models based on a large amount of parallel translated sentences (corpus).
  • Advantage

    Preparation of corpus data for specific fields enables translation in accordance with specific use purposes and categories.

    Easily translates colloquial sentences which may have broken grammatical rules and structures.

  • Key points to improve accuracy“Quality and quantity” of parallel translated sentences are essential for any improvement in translation accuracy. (Corpus collection expense)

Statistical Machine Translation

Close

機械翻訳のメリット&導入イメージ

機械翻訳と人手翻訳

機械翻訳と人手翻訳を単純に比較することはできませんが、基本的には人手翻訳は費用は高いが訳質レベルは高く、ただし時間はかかるもの。 一方、機械翻訳は人手翻訳に比べ費用は少なくて済み短時間で大量の文書翻訳が可能である、が訳質レベルは人にはかなわない、と言えます。 よって、お客様の利用シーンやご利用ニーズにより、うまく使い分けること、または、組合わせていくことが重要と言えます。 また、何より長期的視野をもって「機械翻訳を育てていく」という意識での導入のご検討を頂きたいと考えます。

人手翻訳と機械翻訳の特長分布図(PDF)

人手翻訳が適していると言える利用シーン

  • ・意訳や全体の意図を解釈しての翻訳といった、「人」ならではの文質を求められるもの
  • ・正確さについて高レベル、または完璧が求められる文書
  • ・機械翻訳で出力された翻訳結果を手直しする作業が必要な場合

機械翻訳が適していると言える利用シーン

  • ・内容がだいたい分かれば良く、速さを重視した形の訳質を求める場合
  • ・下訳として利用するため等、短時間で大量に同レベルの翻訳出力を得たい場合
  • ・翻訳のノウハウを社内(機械)に蓄積していくことが重要である場合

機械翻訳の仕組み、対訳コーパスの必要性

言語ルールが似通っている欧米系言語では、ルールベースの翻訳手法は実用レベルにあると言えますが、主語がない等の日本語の難しさは機械翻訳にとって大きな壁です。そのような中で、データ学習に基づいて翻訳を行う統計的機械翻訳の出現により実用性の可能性が高まってきた、と言えます。

データとは対訳コーパスのこと

* コーパス : データベース化された大規模な言語資料のこと。
en [ 原文 ] ja [ 訳文 ]
I’ll stay at ahotel. ホテルに泊まります。
Do you accept Traveller’s checks? トラベラーズチェックを扱っていますか。
Can I use traveller’s checks? トラベラーズチェックでいいですか。
When can you reissue it by? いつまでに再発行できますか。
Am I at the right gate? このゲートでいいですか。
Alittele water,please. 水を少しください。
原文と訳文1つ1つのセット文が対訳コーパス
データ学習
対訳コーパスから翻訳モデルを生成

翻訳モデル

対訳候補のリスト / ある単語例の後ろに現れる単語とその出現確率のリスト

翻訳パターンを生成

この翻訳モデルにより、
日本語翻訳の精度向上の道が開けてきました!

具体的な利用シーンイメージ機械翻訳+人手翻訳

機械翻訳導入のねらい
  • ・全体的な時間短縮
  • ・トータル的なコスト削減
  • ・人手翻訳で修正された正解文を機械翻訳に学習させることにより恒常的な精度向上を図る

具体的な利用シーンイメージ機械翻訳導入による業務改善

機械翻訳導入のねらい
  • ・社内への情報共有のスピード化
  • ・海外拠点とのコミュニケーションの円滑化
  • ・社内リソースの中で翻訳対応をしていた人が本来の業務に専念、もしくはプラスαの仕事をする時間ができる

具体的な利用シーンイメージ機械翻訳導入による業務改善

機械翻訳導入のねらい
  • ・海外拠点の情報共有のスピード化 → 結果的にグローバルで品質向上、CS向上を図れる
  • ・機械翻訳に蓄積されたログを利用して対訳コーパス化することにより、機械翻訳の訳質向上が図れる(対訳コーパス化には人手翻訳の作業が必要になります)
  • ・多言語化展開が図れる
  • ・24時間の対応が可能

具体的な利用シーンイメージ音声翻訳による接客

機械翻訳導入のねらい
  • ・海外からの観光客等への応対または、海外拠点スタッフとのコミュニケーションの円滑化
  • ・簡単なコミュニケーションは端末を利用して行うことで通訳者の負荷を軽減

みらい翻訳の特長

最適な機械翻訳エンジンを選定

みらい翻訳では、お客様が訳されたい文、利用シーン等を基にお客様の翻訳ニーズを検証し、最適な機械翻訳エンジンを選定いたします。統計的機械翻訳エンジン内においても、訳されたい文が話し言葉に近いのか、ですます調の書き言葉に近いのかも踏まえエンジンを選定いたします。

多言語への翻訳が実現可能

みらい翻訳では、英語を介すことにより、また、各種エンジンを組合わせることにより、多言語への翻訳が実現可能です。 日本語⇔英語はNICT系のみらい翻訳エンジンを利用し、英語⇔多言語についてはSYSTRANエンジンを利用します。

*対応言語表をご確認ください

APIでの連携が可能

APIにて、お客様のWEBサービスやアプリ、社内基幹システムとの連携が可能であるため、汎用性高く翻訳機能をご利用頂けます。

お客様のニーズに合わせたカスタマイズが可能

精度向上を図るためにはお客様に適した翻訳モデルを利用し翻訳結果を出力することが重要です。 みらい翻訳では、お客様の対訳コーパス資源を基にお客様独自の翻訳モデルを生成し、ご利用いただくことが可能です。

※翻訳モデル生成については、 言語プロフェッショナルサービス(有償)にて承ります