JP|EN

Mirai TranslatorTM

サービス機能

これまでにない、高い翻訳精度を実現したニューラル機械翻訳エンジンを搭載し、高いユーザビリティを目指した企業向けのクラウド機械翻訳アプリケーションサービスです。

1.翻訳処理機能

テキスト翻訳

高い精度のニューラル機械翻訳エンジンで、テキストを翻訳します。翻訳言語を選択し翻訳ボタンをクリックすると、原文が翻訳されます。逆翻訳機能も搭載し訳文を再翻訳することで、翻訳文が適切に翻訳処理されたかを確認することができます。

ファイル翻訳※1

ファイルをアップロードして、ファイルの文章を翻訳処理します。

※1.対応可能ファイル

ファイル形式対応ファイル
Textファイル・MIMEタイプ: text/plain (文字コード:UTF-8)
Wordファイル・Office®2010、Office®2013、Office®2016の各バージョンのうち .docx形式のファイル
Excelファイル・Office®2010、Office®2013、Office®2016の各バージョンのうち .xlsx形式のファイル
PowerPointファイル・Office®2010、Office®2013、Office®2016の各バージョンのうち .pptx形式のファイル
PDFファイル・ISO規格に準じて作成されたPDFファイル

2.カスタマイズ機能

ユーザ辞書

企業ユースで翻訳アプリケーションを利用する場合、必ず製品名や専門用語、特殊な社内公用語を翻訳する必要があります。このようなケースに対応するために名詞のユーザ辞書登録管理機能が搭載されています。製品名などの固有名詞や専門用語を登録して、より高い精度で機械翻訳を利用できるようになります。

翻訳メモリ

特定の種類の文章を翻訳する場合において、過去に人手で翻訳し、訳文を確定している場合、毎回同じ翻訳処理結果が求められます。このようなケースでは、翻訳メモリとして文章を登録しておくことができます。メールの定型文や、マニュアル等の翻訳に活用できます。

カスタム翻訳モデル搭載可能
(カスタム翻訳モデル生成は別途サービスにて対応)

社内に人手で翻訳した過去の対訳文章が大量にある場合、個社向け翻訳エンジンのカスタマイズにも対応します。過去の対訳文を利用して、特定の分野の翻訳処理をより高い精度で実行できるように、追加の機械学習をすることにより翻訳エンジンのカスタマイゼーションを行います。カスタム生成されたものを、カスタム翻訳モデルと呼びますが、これらは人手の作業が入るため、別途料金でサービスを提供します。カスタム翻訳モデルを当システムに搭載の上提供することも可能ですが、こちらも別途料金での対応となります。

3. グループ管理機能

企業内のグループで利用されるサービスとして、ユーザ管理機能を搭載しています。みらい翻訳より、管理者にアカウントを払い出し、お客様側の管理者は、企業内の利用ユーザにアカウントを払い出します。ユーザには、翻訳処理だけが行えるユーザと、カスタマイズ機能を利用できるグループリーダのいずれかの役割を割り当てます。

4. プロファイル管理機能

企業内のグループで、カスタマイズ機能で管理されたリソース(ユーザ辞書や翻訳メモリ)を活用するために、プロファイル管理機能を搭載しています。用途別に、登録したユーザ辞書と翻訳メモリおよび翻訳モデルを選択し、プロファイルとして登録します。登録されたプロファイルは、管理者であるグループリーダによって使用可能なユーザが設定されます。

製品について詳しく知りたい方へ

製品に関するお問い合せトライアルお申し込みMirai TranslatorTM資料ダウンロード