みらい翻訳プラットフォーム音声翻訳 API サービス利用のポータブル翻訳機のアプリが発売

株式会社みらい翻訳(みらい翻訳、本社: 東京都渋谷区、代表取締役社長: 鳥居 大祐)の提供するみらい翻訳プラットフォーム音声翻訳APIサービスを利用するポータブル翻訳機「eTalk5みらいPFモデル」のアプリ、eTalk5 みらいPFモデル APP(以下本製品)が、2021年7月7日にTAKUMI JAPAN株式会社(TAKUMI JAPAN、本社:東京都港区)より発売されます。

本製品は情報セキュリティを担保していることが特徴で、これを実現するためみらい翻訳プラットフォーム音声翻訳APIサービスが採用されています。
みらい翻訳の音声翻訳APIサービスは情報セキュリティに関する国際規格であるISO/IEC 27001、ISO/IEC 27017に準拠し、さらに「政府機関における多言語自動翻訳システムの導入のための参照技術要件集」にも準拠し、みらい翻訳が日本国内で運営するサーバーのみを利用しているため、情報秘匿を重視する企業・行政・自治体等でも安心してご利用いただけます。

本リリースの詳細につきましては下記、発表資料をご覧ください。
翻訳する内容のセキュリティを強化したポータブル翻訳機「eTalk5みらいPFモデル」のアプリが新登場 eTalk5 APP みらいPFモデル

商品の詳細につきましては下記をご覧ください(外部サイト)。
eTalk5 みらいPFモデル APP商品ページ

取材などのお問い合わせはこちらから

お問い合わせ

関連ニュース

プレスリリース2021.04.05
Wovn Technologiesとみらい翻訳、日⇔中翻訳提供で協業開始
プレスリリース2021.02.24
TOEIC960点レベルの機械翻訳サービス Mirai Translator®においてPDFファイルの翻訳精度向上を実現
プレスリリース2021.02.18
医療従事者向けAI翻訳サービス 「Mirai Translator® for m3.com」の提供開始について