Top>利用例

利用例

機械翻訳の効用

グローバル企業の増加、海外取引の増加により、普段外国語を扱うことのなかった方々が日常業務で多言語の実務を遂行しなければならない機会が益々増えてきています。外国語での業務を遂行することに喜びを感じるかどうかではなく、ビジネスの優位性を確立していくためには外国語の取扱いが必須能力となっています。

外国語での業務は、金銭的な費用だけでなく時間的なコストも含め、母国語でのやり取りに比べてコニュニケーションコストが一段と上がります。明日の朝一で提出すべき書類があるのにまだ半分しか資料が書けていない、これを日本語から英語にしなければならないのにどうしよう。このような局面に立ったことのあるビジネスマン・ウーマンの方々は少なくないでしょう。

こんな時に機械翻訳が活躍します。とはいえ、翻訳の精度は完璧ではありません。訳語が間違っていたり、訳抜けがあったり、文法が間違っているケースもあります。しかし、人手でいちから翻訳して訳文を書くことより、また外国語で大量の文章を流し読みして重要なポイントを探し当てるより、機械翻訳で母国語に翻訳処理した訳文を流し読むするほうがスムーズにお目当ての情報に辿り着けるでしょう。

機械翻訳の精度は技術革新のおかげで数年前と比較しても格段に上がってきています。深層学習の技術によりニューラル機械翻訳が登場したためです。是非一度、お試し翻訳から機械翻訳処理の訳文をご評価ください。

利用用途

情報共有

多言語間でのコニュニケーションは、一段と増加しています。情報の共有化も効率化して行う必要があり、時間と金銭のコストを効率化して、出来るだけ多くの広範囲を網羅した情報共有に、機械翻訳が活躍します。

海外調査

調査には大量の文献に当たる必要があります。大量の文献を漁って必要な情報を収集するには、膨大な時間が必要です。外国調査時に母国語でない文献を大量にクロールするのは、時間を消費するだけでなくストレスも感じます。そんな時、外国文書を機械翻訳し母国語で斜め読みすることによって、時間を節約できるだけでなく、調査のストレスも軽減されるでしょう。

正式文書の下訳作成

機械翻訳の技術革新のおかげで、機械翻訳結果の流暢さが上がってきたため、正式な文書の下訳としても活用できるようになってきました。訳文が流暢なため、人手修正もやり易くなっています。翻訳の費用だけでなく、時間も節約できるようになることで、翻訳処理する文書数も増やせるでしょう。

音声翻訳コミュニケーション

インバウンドのお客様対応等において、音声翻訳アプリをコニュニケーション補助ツールとして利用可能です。英語だけでなく、中国語や東南アジア言語、欧州言語にも対応しています。音声でアプリに話かけると、外国語でテキストと音声が出力されます。

機械翻訳を活用するために

機械翻訳の精度は、まだまだ完璧ではありません。原文の一部が抜け落ちたり、訳文が間違っていることもあります。これらのポイントに気をつけることで、機械翻訳をより上手に活用することができます。

・ 原文をできるだけ短く書いてください
・ 翻訳処理をしていくことで、翻訳エンジンの特性を掴んでください
・ ユーザ辞書を活用して、未知語をできるだけ減らしてください
・ 人手で翻訳もしくは訳文修正した対訳データを貯めていき、今後のカスタム翻訳モデル生成のために備える