TOEIC960点レベルの機械翻訳サービス Mirai Translator™において日中の「契約書・法務モデル」を提供開始

株式会社みらい翻訳(みらい翻訳、本社: 東京都渋谷区、代表取締役社長: 大野 友義)は、機械翻訳サービスMirai Translator™において、契約書や法令等の専門分野翻訳に特化した「契約書・法務モデル」の日本語⇔中国語(簡体字)を2020年7月15日より提供開始します。2019年9月に提供を開始した日本語⇔英語「契約書・法務モデル」に続き、アンダーソン・毛利・友常法律事務所による協力のもと、需要の高い日本語⇔中国語(簡体字)に対応しました。
Mirai Translator™の全プランで利用可能となりますので、需要の高い契約書等法務分野の機械翻訳を様々なビジネスシーンにてご利用いただくことが可能です。

本リリースの詳細につきましては下記、発表資料をご覧ください。
TOEIC960点レベルの機械翻訳サービス Mirai Translator™において日中の「契約書・法務モデル」を提供開始

取材などのお問い合わせはこちらから

お問い合わせ

関連ニュース

プレスリリース2022.09.06
ファイル翻訳の装飾保持機能が向上しました
プレスリリース2022.05.17
新サービス「FLaT」提供開始のお知らせ
プレスリリース2021.07.07
みらい翻訳プラットフォーム音声翻訳 API サービス利用のポータブル翻訳機のアプリが発売