特許翻訳エンジンの販売開始と日本特許翻訳株式会社とのパートナーシップについて

株式会社みらい翻訳は、この度、国立研究開発法人情報通信研究機構(http://www.nict.go.jp : 以下NICT)が開発した、特許翻訳エンジンのライセンス販売を本日より開始いたします。 翻訳言語は、日本語英語間および日本語中国語間の双方向で、オンプレミス製品およびみらい翻訳が運用するASPサービスとして提供いたします。

また、上記発表と同時に、みらい翻訳は日本特許翻訳株式会社(http://www.npat.co.jp)のPatSpreadに上記のNICT特許翻訳エンジンを組込んだASPサービスを提供し、本日からPatSpread サービスの販売を開始いたします。

PatSpreadは、英語から日本語および中国語から日本語の機械翻訳エンジンサービスを組み込み、外国語の特許公報を日本語で閲覧できるようにするサービスです。

 

お問い合わせ先:セールス&マーケティング部 藤原

メールでの連絡先

取材などのお問い合わせはこちらから

お問い合わせ

関連ニュース

お知らせ2021.11.19
ウェビナー開催のお知らせ(12月3日『海外取引を増やしたいなら、人事・管理部門が真っ先にやるべきたった1つのこと』)
お知らせ2021.11.05
ウェビナー開催のお知らせ(11月19日『みらい翻訳CEO兼CTOが登壇 生産性を上げるAI自動翻訳の上手な選び方・使い方』)
お知らせ2021.10.15
AI自動翻訳翻訳サービス Mirai Translator®で英語⇔中国語を標準提供