Apache Log4j における脆弱性(CVE-2021-44228) への弊社対応に関するお知らせ

Apache Log4jの脆弱性(CVE-2021-44228)について、当社サービスにおける対応を完了したことをお知らせします。

■Apache Log4jの脆弱性に関する情報
https://www.ipa.go.jp/security/ciadr/vul/alert20211213.html

■弊社サービスの対応状況
・Mirai Translator本体
本脆弱性に係る影響はありません。

・Mirai Translator多言語オプションサービス
一部ライブラリで「Log4j」の使用を確認しました。脆弱性の影響を受けないことを確認しましたが、予防保全として、12月16日(木曜日)に一部ライブラリのバージョンアップを実施し、対応を完了しました。

・みらい翻訳プラットフォーム 音声翻訳APIサービス
サービスの一部で「Log4j」の使用を確認しました。12月16日(木曜日)にバージョンアップを実施し、対応を完了しています。
なお、対応完了までの期間において攻撃が成功したログは確認しておりません。

取材などのお問い合わせはこちらから

お問い合わせ

関連ニュース

お知らせ2022.01.21
ウェビナー開催のお知らせ(2月4日『海外との業務 実態調査から見えたAI自動翻訳のシャドー化 リスクと対策』)
お知らせ2022.01.07
ウェビナー開催のお知らせ(1月21日『Mirai Translatorって何ができるの?法人特化のAI自動翻訳でコミュニケーションコストを1/5に AI自動翻訳の選び方』)
お知らせ2021.12.14
年末年始休業のお知らせ