厚生労働科学研究で使用するAI自動翻訳ツールの評価事業に みらい翻訳が採択

株式会社みらい翻訳(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:栄藤 稔)は、令和元年度の厚生労働科学特別研究事業である「医薬品評価情報作成システムの有用性評価研究(19CA2017)」において使用するAI自動翻訳ツールの評価事業の協力会社として採択されました。

 

本リリースの詳細につきましては下記、発表資料をご覧ください。
厚生労働科学研究で使用するAI自動翻訳ツールの評価事業にみらい翻訳が採択

取材などのお問い合わせはこちらから

お問い合わせ

関連ニュース

プレスリリース2021.04.05
Wovn Technologiesとみらい翻訳、日⇔中翻訳提供で協業開始
プレスリリース2021.02.24
TOEIC960点レベルの機械翻訳サービス Mirai Translator®においてPDFファイルの翻訳精度向上を実現
プレスリリース2021.02.18
医療従事者向けAI翻訳サービス 「Mirai Translator® for m3.com」の提供開始について