みらい翻訳プラットフォーム音声翻訳 API サービス利用のポータブル翻訳機が発売

株式会社みらい翻訳(みらい翻訳、本社: 東京都渋谷区、代表取締役社長: 大野 友義)の提供するみらい翻訳プラットフォーム音声翻訳APIサービスを利用するポータブル翻訳機「eTalk5みらいPFモデル」(以下本製品)が、2020年11月26日にTAKUMI JAPAN株式会社(TAKUMI JAPAN、本社:東京都港区)より発売されます。

本製品は情報セキュリティを担保していることが特徴で、これを実現するためみらい翻訳プラットフォーム音声翻訳APIサービスが採用されました。
みらい翻訳が提供する音声翻訳APIは、情報セキュリティに関する国際規格であるISO27001/ISO27017に準拠して日本国内で運営する音声翻訳サーバーのみを利用して翻訳処理を行うため、情報秘匿を重視する企業・行政・自治体等でも安心してご利用いただけます。

本リリースの詳細につきましては下記、発表資料をご覧ください。
翻訳する内容のセキュリティを強化したポータブル翻訳機 「eTalk5みらいPFモデル」が新発売

商品の詳細につきましては下記をご覧ください(外部サイト)。
eTalk5みらいPFモデル商品ページ

取材などのお問い合わせはこちらから

お問い合わせ

関連ニュース

プレスリリース2021.07.07
みらい翻訳プラットフォーム音声翻訳 API サービス利用のポータブル翻訳機のアプリが発売
プレスリリース2021.04.05
Wovn Technologiesとみらい翻訳、日⇔中翻訳提供で協業開始
プレスリリース2021.02.24
TOEIC960点レベルの機械翻訳サービス Mirai Translator®においてPDFファイルの翻訳精度向上を実現